元ゲーセン店長のひとりごと

ゲーセンで働いていたころのいろいろな思い出を綴ります。

ゲーセン店長の履歴書~就職編~

 ~前回のあらすじ~

 

ゲーセンでの仕事にも慣れ、やる気も出てきた矢先にいきなり会社が倒産。

フリーターでバンドマンの僕は途方に暮れるのであった・・・。

 

皆さんこんばんわ。今回はゲーセンアルバイトから就職までこぎつけたお話です。

 

このころは、とにかく極貧でした。

お金が無い。(今もありませんが)

 

 

当時は大学も卒業して、早2年。

バンド活動にもお金がかかる毎日で、

困った僕はとりあえず彼女の家に住み込み、

ご飯を食べさせてもらってました。

 

不健康で非文化的な最低の生活

しばらく続いたのですが、

バンドでこのまま活動を続けるか、

きっぱり辞めて就職するか・・・

悶々とする毎日でした。

f:id:ryokutyakun:20190305013144p:image

 

 

そんなある日、以前勤めていたゲーセンに

営業できていたS社のTさんと再会。

 

Tさんの会社はゲームセンターの景品を製造、販売する会社です。

 

僕「お久しぶりです。」

 

Tさん「最近何してんの」

 

僕「何もしてないです」

 

Tさんはものすごく優しい人で、

僕にこんな優しい言葉をかけてくれました。

 

「うちの会社来るか?」

多分冗談で言ったんだと思いますが、

僕はすぐさま履歴書を書いて

会社に突撃しました。

 

Tさんの(こいつマジで来やがった)って顔が忘れられません。

 

このころはアミューズメント業界の景気も

良く、プライズ商品の需要もあったので

まあ、営業一人増えるぐらいならいいか・・・

みたいなノリで採用。

 

Tさん、いまでも感謝してます。

 

ちなみに、バンドはお金が貯まってからまた再開しよう・・・と思いつつ

 

いまだに再開できてないです。

 

そしてサラリーマン時代の幕開け。

 

研修も終わり、まず最初に与えられた仕事は

営業です。

 

ざっくり言うと、

ゲームセンターの店長に自社のプライズ商品を買ってもらう。

これだけなんですが、なかなかそれが難しい。

 

同業他社との価格競争や、各店舗様の

客層の違い、

更にバイヤーさんと自分との相性・・・etc

いろいろな要素が絡んできます。

 

僕の場合は店舗で数年働いていた経験があったので、

コツをつかむのに時間はかからなかったような気がします。

 

 

各地のゲーセンを営業で回る日々が2年ほど。

面白かった事や、いろいろな事件もあったような気がしますが、

なぜか思い出せません。

また別の機会に・・・。

 

いろいろな店舗の店長、景品担当の方と

商談を重ね、お話を聞いているうちに

(やっぱり店舗って楽しそうだな・・・)と

考えるようになってました。

 

フリーター時代とは違う悶々が

産まれて来たのです。

 

店長就任編へ続きます。

 

長々とありがとうございます。

 


ゲームセンターランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

ブログのランキングに参加しています。
拙いブログですが、気軽にコメントして頂けたら嬉しいです。